SEO

現在ではSEOを行なって世界中に情報を伝達する事ができます。

ビジネスや趣味などを目的にたくさんの人がSEOを行なっています。

インターネットは本来軍事目的で作られたのを知っていますか。戦争中に仲間と同じ情報を共有するために作られました。それが非常に便利だったので、のちに軍事の場面以外でも広く活躍する様になりました。

そのため、まだ歴史は浅いですが、インターネットが秘めている可能性は大きなものだと言えるでしょう。今後も更に活用し続けるでしょう。

Google対応seoについて

検索エンジンの表示順位に対応するためのテクニックとしてseoがありますが、Googleが独自に検索アルゴリズムを改良し続けていることから他の検索サイトとの差が大きくなる傾向があります。

特にハミングバードとRankBrainが登場してからの検索結果の差が大きなものとなりました。seoとしては基本的なテクニックが適用できなくなってしまっていることから新規に開発が進められていますが、中にはコンテンツの充実に集中してseoのテクニックは使わないとしたサイトも出てきています。テクニックとしてはまだまだ発展の余地があるので今後に期待したいところです。

seoとドメインの関係って?

検索ワードと一致する、もしくは近しい日本語のドメインが上位表示される→グーグルアップデート→でもまた再表示・・という話が一時話題になりました。ドメインについては、グーグルのアルゴリズムの中に含まれているらしい、と昔から噂されてきましたが、グーグル側でも対策がむつかしい種類の話だそうです。

seo対策という観点で見てこのやり方はまだ有効のようです。かなうならば取得するとseo面で良い効果を生むでしょう。もちろん、seoは、コンテンツの充実を図ることが何よりも大事ですから、あまりのめりこまない方がいいですね。

内部seo対策の効果

seo対策には内部と外部があります。もちろん、これは基本的なことですから、それを知らずに対策を行うことはできません。大阪にある企業ではこの仕組みを徹底的に追及して、効率の良いseo対策を考えています。

自分で独自に対策をやっている人も内部seo対策だけに留まっていたり、中途半端な対策になっていることが少なくありません。専門的な知識がなければ、効果的な対策とはならないのです。

インターネットの世界ですから地域を限定する必要はありませんが、自社の身近なところに相談してみることをおすすめします。基本的な仕組みがわかっていなければ何もできないのです。

googleのseo評価基準を押さえよう

googleがパンダアップデートを実施して以来、従来のseo対策では評価が上がらなくなりました。リンク集登録や相互リンクを集める被リンクの獲得、無意味なキーワードの羅列、テキストと背景色を同化させてキーワードを並べるなど、スパム手法も通用しなくなりました。

今、googleがページを評価するのは「ユーザーにとって有益な情報を提供しているか、ユーザーが閲覧しやすいデザインか」で、ユーザーフレンドリーなサイト設計、コンテンツが重要視されています。とくにスマートフォン、パソコン、タブレットのどの端末でも閲覧できるレスポンシブデザインデザインはseo上無視できない部分です。

GoogleのAIを利用したサイト評価アルゴリズムはSEOをどう変えたのか。サイト運営で気を付けるべきポイントとは

GoogleのAIを利用したサイト評価アルゴリズムはseo対策をより、サイトの内容を重視する宝庫に変えたと考えるべきでしょう。そのため、これまでのように多くのリンクを獲得すればいいというような一辺倒のseo対策では通用しなくなっていて、サイトの階層を低くしてより使いやすいサイトであることや見やすいサイトであるということが重視されるようになっていると考えられます。

見やすいサイトということは、検索エンジンのクローラーが見つけやすく巡回しやすいということにもつながります。AIはさまざまな経験を積んで、その経験をもとに自分で成長できるのであっという間に進化していきます。サイト運営はこれを考える必要があります。

SEO対策についての関連記事