有意義サイトリンク集

FXについて

近年では少しでも収入の足しにしたいと、たくさんの人が株の取引やFXで外貨の取引を行なう様になりました。

株は主婦など専門的に取引を行なった事がない人でも行いやすい様ですが、FXの取引はサラリーマンなどがよく行なっている様です。

FXの方が専門的なイメージがあります。でも、始めてみると難しい事はありません。FX自動売買があれば、取引に関して詳しくなくても行なう事ができます。

FX自動売買は初心者向きと言えるかもしれません。慣れてくると自分で行なう事ができる様になるでしょう。

FX初心者向け金利差について

FX会社で口座開設して、さあFXトレードしてみようとしたところ、ふと疑問が沸くこともありますね。どうやって為替レートは決まるのでしょうか?

単純に言うと売りたい人と買いたい人のバランスで決まるんです。金利が高い国の通貨は金利の低い国の通貨に比べて買いたい人が多くなります。金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買い、金利の高い国で預金をすれば金利差の分だけ利益を得ることが出来るのです。この為、一般的には金利の高い国の通貨が高くなります。

では、何故日本の金利は低いのに円高なんでしょうか?世界的に見ても相対的に金利が低いからです。今後、米国の金利が日本の金利に先立って上昇すれば、米ドル高(円安)になると考えられます。

FXで利益を出す方法

FXは日々変動している外国通貨を売買することでその差益を得るというものです。FXの基本の利益を得る方法としては通貨ペアを選び、その通貨のどちら側が将来的に上がるか下がるかを予測するというものです。上がると予測すれば通貨を買い、下がると予測すれば通貨を売ることで差益を得ることができます。

一方で、FXでは金利差によっても稼ぐことが可能です。これは通貨には金利があり、通貨ペアでは金利差が発生しています。このため金利の高い国の通貨を購入すれば、金利スワップという形で金利が付与されます。このため、金利の高い国の通貨を購入して金利によって利益を得ることができます。

FXと外貨預金の違いについて

外国通貨で運用するFXと外貨預金には運用方法が大きく違います。

FXは証拠金の何倍もの金額で取引ができるため、為替相場があまり変動しなくても、為替差益を出すことができます。また、手数料が安いので、数分程度で取引を完了させるスキャルピングや1日で取引を完了させるデイトレードなどの短期売買にも向いています。ただし、証拠金が不足するとロスカットされるため、一時的な為替相場の乱高下による損失リスクがあります。

外貨預金は日本円を外貨に両替するため、保有金額の何倍もの取引をすることはできません。また、手数料はFXよりかなり高くなるので、短期的に為替差益を出すのは難しいですが、一時的な為替相場の乱高下によるロスカットがないので、外貨定期預金による長期運用に向いています。